人生において、いま起こっていること、これから起ころうとしていることは、

そのひとにとって、初めてのことばかりである、と言っていいと思う。

経験があるといっても、細かく言えば、いまのそのことは、初めてのことである。

あるひとが、ほかのひとに、そのことはおれは経験がある、と言ったとしても、

ひとと時が違うので、参考になるともならないともいえない。どちらかというと、

参考にならない。

まして、世界でも稀有な、原子力発電所の事故、放射能のことなんて、ほんとに

初めてのことで、これは実際、だれもどうなるか、どうしていいか、わからないだろう。

わからないなりに、そのときにできるベストのことをやるしかないのが、ベストだ。

わからないことは、わからないと言ったほうが、今の知恵、次の知恵は出やすいと思う。

しょうがないとか、わからないとかを、正直に言える時代、世の中になればいいなあと

思う。